MODEL LIST

ARENAL

ARENAL

カリフォルニア、サウスオレンジカウンティで生まれ育ったMichaelも本格的にサーフィンを始めたのは14才の時。
周りのキッズたちと比べればけっして早くはないが、その反動か一気に引き込まれることに。
スラスターで始めたサーフィンもThomas Campbell『Present』から影響を受け、ログやアルタネイティブデザインの世界へ。
メカニックエンジニアの父親の手助けもあり、自宅のガレージでシェイプを始めたMichaelに
大きな影響を与えたのは、オレンジカウンティが誇る『HOBIE』のクラフトマンたち。
HOBIEでショップスタッフを務める傍、ドナルド・ブリンク、ゲイリー・ラーソン、ジョシュ・マーティン(テリー・マーティンの実息)、
そしてタイラー・ウォーレン達からシェイプについて、サーフボードビルドについての知識、技術、姿勢を学んだ。
フィッシュやエッグ、シングルフィンログなどトラディショナルなデザインはもちろん、
アシンメトリーやフィンレスなど、ありとあらゆるサーフボード正しくシェイプすることが出来る次世代の旗手の一人だ。

Q&A

  • まずは出身地と生年月日を教えて

    1992年7月17日
    カリフォルニア州ラグナヒルズ生まれ

  • はじめてのサーフィンは?

    成長していく過程で、ボディーサーフィンとかブギーボードはやっていたんだ。
    初めてスタンディングでサーフィンをしたは14歳の時。その時に滞在していた、ハワイ・オアフ島・ノースショアにあるシーキャビンていうブレイク。

  • シェイプを始めたのはいつ?

    最初のシェイプは2010年に。
    いくつかのアライアを削って、その後すぐにフォームをシェイプした。
    それはウッドのキールフィンを持つミニシモンズだったよ。

  • ホームブレイクはどこなの?

    今はオーハイに住んでて、ショップがベンチュラにある。
    だからCストリート、リンコン、エマ・ウッドで入ることが多いよ。

  • よく乗るサーフボードは何?

    その日のコンディションに応じてローテーションしてるよ。
    主には10'1"のダブルステップデッキ、8'11"のAnomaly、7'8"のB68、あとはいろんなバリエーションのフィッシュやクアッド。

  • 君のシェイプ哲学は?

    サーフボードは決してビジネスツールではなく、アートであって、サーフボードをアートとして愛している。ハンドシェイピングは一番その形を具現化しやすくて、カスタマーとの距離が近い形だと思っている。
    僕はシェイプやボードが完成する過程を、そして乗ってくれるカスタマーとの関係を楽しみたいんだ。

  • 君のシェイプに最も大きな影響を与えた人は誰?

    Donald Brink, Gary Larson, Josh Martin, Tyler Warren, and Ryan Lovelaceなどから直接的にシェイプの影響を受けている。他にも過去から現在の多くのシェイパーから影響を受けているよ。
    その全てを吸収せずにはいられないよ。
    さらに、アート&デザイン、ミュージック、写真、映画などありとあらゆるアートから大きな影響を受けていて、それらはクリエイティブな発想の大きな源になっている。

  • ありがとう。最後に一言、日本のみんなにメッセージをもらえる?

    僕のボードが日本に行くこと、そして日本のみんなにボードを作れることに興奮してるよ!

Shaper Interview

MODEL

LONG

TRANSITION

ALTERNATIVE

STOCK

LONG

TRANSITION