MODEL LIST

Deepest Reaches

DEEPEST REACHES

自分のイメージ通りのサーフボードを削るシェイパーを見つけることができなかったカイル・アルバースは、
2008年に”自分でシェイプをする”という単純で明快な回答を出した。
最初の数本は友人のライアン・ラブレースの協力のもと、シェイピングベイ、そしてツールを使用させてもらうことで完成した。
完成したボードは彼らのコミュニティーで高い評価を受け、すぐに数本のオーダーを獲得するに至り、カイルは決断した。
”教授としてのキャリアの歩みを止め、シェイパーとしてキャリアを歩んでいく”ことを。

”Deepest Reaches”はカイルの精神の一番奥底にいる何かを形にしたサーフボードだ。
カイルのサーフボードはあなたの心の大きく揺り動かすことだろう。

Q&A

  • まずは出身地と生年月日を教えて

    カリフォルニア、ロングビーチ、1984年生まれ。

  • はじめてのサーフィンは?

    まだ私が本当に小さいとき父がSan Onofreで教えてくれたんだけど、正確な年齢は覚えてないな。

  • シェイプを始めたのはいつ?

    サンタバーバラで削ったのが初めてだよ。9'9"のDフィンがグラスオンされたログだった。

  • ホームブレイクはどこなの?

    シェイプはIrvine(アーバイン)にある自宅のガレージでやっているんだ。
    サーフィンはSan Onofreが気に入っている。

  • よく乗るサーフボードは何?

    9'11"と8'0"のMega Fish、8'10"のシングルフィン、7'2"のKozmik Kruzrが今のお気に入りだね。

  • 君のシェイプ哲学は?

    最小限の労力で、最大のスピードを得られ、ラディカルなマニューバーを描けること。

  • 君のシェイプに最も大きな影響を与えた人は誰?

    Greg Liddle,Skip Fry,Steve Lis,

  • ありがとう。最後に一言、日本のみんなにメッセージをもらえる?

    私のボードに乗ってくれて本当にありがとう。チャンスがあれば日本に行ってシェイプしたいね!
    (可能ならばすぐにでも!)

Shaper Interview

MODEL

STOCK

TRANSITION